おまいらコルトレーンチェンジ弾ける?

1いつか名無しさんが2006-12-26 20:15:28

B D G B♭ E♭〜〜♪

189いつか名無しさんが2007-01-19 23:17:34

>>1

コルトレーンチェンジ弾ける? ってことはピアノかギター?

もしギターならCorey Christiansen著の「ギターのための一歩進んだジャズハーモニー

コルトレーンチェンジ」でも買ってみれば?あまり知られてない人だけど

付属CDの演奏聴くだけでも結構面白かったよ

263いつか名無しさんが2007-09-18 21:21:12

>>1

吹けるけど、それがなに?

11漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2006-12-27 14:56:01

コルトレーンチェンジって全てのキーで練習したが、(ジェイミーにそういうのがある)

ハッキリ言って1235とか1357とかから外れるともう駄目ぽ。コルトレン自身も1235ってやってる部分が多かったと思うが

理論的にどうたらというのはワカラン。ただジャイアントステップスはモーションオブフィフスの一番遠いトーナリティに

ぐるんぐるん転調していると教えてもらった。(B>G>E♭だっけ?うろ覚え)理屈知らんで練習してた。

ジャイアントステップスのアドリブソロ採譜したのも持ってるけどど〜も練習する気にならんw

16いつか名無しさんが2006-12-27 17:04:06

>>11

お前はそういう次元にないよw

29いつか名無しさんが2006-12-28 03:23:51

>>11 漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY

>ただジャイアントステップスはモーションオブフィフスの一番遠いトーナリティにぐるんぐるん転調していると教えてもらった。

あんた、あちこちで威張り散らしてる割にはマルチトニックのことも知らんのか?

17漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2006-12-27 17:20:30

>>16

おし、ジャイアントステップス完コピしたるっ!2週間はかかるな・・・

みーてーろーよー

18いつか名無しさんが2006-12-27 17:36:30

>>17

あのウンコみたいな縮緬びぶらーとで何するの?

192006-12-27 18:13:13

自分はギターですけど、なれれば案外弾けますね。。

でも1235とかのパターンが多くなってしまいますが、、。

20いつか名無しさんが2006-12-27 18:25:43

>>19

ギターやピアノは全然難しくないよ

ただあのスピードはギターでも難しいだろうけど

テナーの場合、Bのキーが難しいらしいね

だからあの曲は、転調、スピード、Bのキーで苦しむと聞いたことがある

もちろん俺は管じゃないから本当のことは知らん

23いつか名無しさんが2006-12-27 21:57:10

とりあえずこれできたらカッコいいと最初は憧れるんだよな

でも浅はかな自分に気がつく訳よ

これみよがしはカッコワルい

24いつか名無しさんが2006-12-27 23:01:34

>>23

同意。

速弾きギターの中学生じゃないんだからねぇ。

34いつか名無しさんが2006-12-28 14:47:10

>>24

>速弾きギターの中学生じゃないんだからねぇ

いやいや、ノリはヘビメタ好きのギタリストと同じだよ。

前にも書いたけど、NYで速弾きを競うこともあるらしいし。

以下に正確に速く弾けるか。

蔵の世界でも難曲が弾けるか競うことがあるのと同じだよ。

30いつか名無しさんが2006-12-28 04:01:20

5度圏で一番遠いのはどうみてもオリジナルキーから増4度(減5度)のキーなんだけどね。コルトレーンチェンジはオクターブを3分割した長3度でぐるぐるしてるだけ。

35漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2006-12-28 15:24:43

>>20 「テナーの場合、Bのキーが難しいらしいね だからあの曲は、転調、スピード、Bのキーで苦しむ」

はい。その通りです。苦しい。 演奏する時、曲が早く終わらないかなといつも思う。

>>29 知ってる事もあるし。知らん事もあるし。知らない事は教えを請うし、知ってる事は教えてあげる。何が悪い。タコ

>>30 五度圏で3つのキーを見ると完全に正3角形になるじゃん>3つのキーが「一番遠くにある」

hhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%BA%A6%E5%9C%8F

「コルトレーンチェンジはオクターブを3分割した長3度でぐるぐるしてるだけ」

全然違うんじゃないの?

hhttp://www.e-regi.com/jazz/lecture/q&a/q&a3.html

コルトレーンって音楽理論学者ちゅーか、数学的というか、曼荼羅的というか、宇宙的というか、

音楽の構造美を見せつけてくれる様

50いつか名無しさんが 2006-12-28 22:42:06

「間違っている」いい過ぎかもしれません

間違っている可能性を否定できないに変更します。

当方ジャズの事なら何でも知っているのでついつい すんません

58いつか名無しさんが 2006-12-29 01:48:55

ウォルト・ワイスコフ 懐かしい名前 同じ先生だよ」レーモンド リッカーの生徒だよ

凄い良い音楽家 かれ本書いてるんだ?なんて本?昔話したとき2トライアードの組み合わせ

アイデア教えてくれた。 6トーンスケールのアイデア作りに役立った

ロチェスターおもいだしたよ おれもワイスコフにくらべたらケチな存在だとおもう

ワイスコフ コンポーザー素質すげーんだ。テナーもだけどな。

61いつか名無しさんが 2006-12-29 02:21:17

60さん 短く言うと内容は

シンメトリックな2.3.4.6.12の トニックシステムをつかって音楽を作る方法

くぐってみればいいんじゃないかな。あなたの音楽に役立つかも

ハイ >>58は>>50です

63いつか名無しさんが2006-12-29 02:40:36

>>61

嘘でしょ?シリンガーは調べられる限り調べたことあるけど今でいうとこのバークリーでいうとこのコードスケール理論のハシリみたいなもんでクラシックのバス記号みたいなのの発展系みたいなものだったらしいし。

ついでにwalt weiskopfの本だけど

Intervalic Improvisation(これがトライアドペアについてかかれた本)

COLTRANE:A Players Guide To His Harmony

THE AUGMENTED Scale In Jazz

around the HORN

Beyond the Horn

5冊出てる。英語版なら全部もってるが日本語版はコルトレーンのだけだったはず。

65いつか名無しさんが 2006-12-29 03:07:56

62 卒業したわけじゃないよ 1992にはあった いつからあったかシランがビル ドビンズって博識のピアニスト

がトップでやってた。俺は ジャズアレンジ コンポの単位とりにいって ヒマな時間に

レーモンドのレッスンを受けてたんだ。

63 ついでにwalt weiskopfの本だけど ありがとうございます

嘘でしょ?は図書館でシリンガーで作られたいくつかのピアノピースを聴いた事がある

あまり覚えていないが,コルトレーンが練習した??スキーとか バーバーとか

20世紀のピアノ曲ッテ感じだった。シンメトリックな2.3.4.6.12の トニックシステムつかってるのは

間違いない。ただ〜スキーみたいにモロじゃないんだ。サスペンドしてるんだ。

さがしてきいてみりゃいいんだよ。きいたっておもしろくないけど

66いつか名無しさんが2006-12-29 06:57:09

おは。

>>65

あー。あなたの言うシンメトリックな2,3,4,6,12のトニックシステムっていうのは

2分割 C – F♯

3分割 C – E – A♭

4分割 C – E♭ – G♭ - A

6分割 C – D – E – G♭ – A♭ – B♭

12分割はクロマティック

ってことですか。

しかし2分割のはストラヴィンスキーの作品にみられる和声法ですし

4分割はバルトークの得意とするところですし

6分割はドビュッシーの全音音階を使った作品がそうだということが出来ますし

こういったシステムって言うのはなにもシリンガーの専売特許というわけでもないでしょう。

僕が知りたいのはシリンガーが用いたグラフ式記譜の理論でもなければシリンガーシステムオブなんたらという本のピッチスケール理論という章に書かれた新しい調的進行のことでもなく

バークリーの前身であるシリンガーハウスでポピュラー作曲家に教えられていたシリンガーシステムの実態なのです。

和声をクラシックのように対位的な方法論によってではなく、垂直的に縦割りで教えたというところのシステムが知りたいのです。

104いつか名無しさんが2007-01-05 01:37:02

>>漢倭奴國某さん

『 ジャムセッション8コーラス目』スレの>>879の質問に答えてみてよ。

どう思う?

109漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-05 04:40:13

>>104

あっちに書いたよ

107いつか名無しさんが2007-01-05 03:44:52

メジャートライアドのホールトーン下がり感覚アドリブはどう?

かっこの中がメジャートライアド

B(F#) D(E) G(D) Bb(C) Eb(Bb) A D

G(D)Bb(C)Eb(Bb)Gb(Ab)B(Gb) F Bb

解釈の仕方は

Bmajor7-D Lydian Dominant-Gmajor7-Bb Lydian Dominant – Ebmajor7

Gmajor7-Bb Lydian Dominant- Eb major 7- Gb Lydian Dominant – B major 7

110いつか名無しさんが2007-01-05 19:56:10

>>106

D7のところでコンディミ派生のトライアドすべて弾けと言っているわけではないよ。

D,F,A♭,Bそれぞれをルートにしたメジャー、マイナートライアド(Dメジャーでは意味ないけど)をコンディミと解釈するならどれでも使えるよってこと。

どれが効果的かは自分で使いながら聴いて判断すればいい。

そんなことよりIのところでVのコンディミを使うってんならそれは既にアウトしてるんだから正しいも正しくないもないでしょ。

自分が使ってみてかっこよく聴こえるなら使えばいいしそうじゃないなら使わなきゃいい。

>>107はアッパーストラクチャーサウンドだけどこれも使い方次第。

理論的にどうとか方法論どうこうよりも格好よく聴こえるかどうかの方が大事だから。

1111042007-01-05 22:20:08

>>109

ありがとう。m(_ _)m

ところで君はプロなん・・?

Jazz始めて何年位でGiant Steps吹けるように成った?

113漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-05 22:54:54

>>111

あっちに書いた意味ではねえ・・・

ジャイアントステップスは今でも自由にアドリブ出来てるレベルじゃない。

コード進行とテンポについていくのが精一杯・・・パーカーのアドリブフレーズと共に、永遠の練習曲だとオモ

とは思うが、今までブランフォードとケニーカークランドが80年代終わり頃東京でのライブのアンコールでの

最高にぶっ飛んだ演奏以外、まともに吹けてる人聴いた事無い。テナーで

114いつか名無しさんが2007-01-06 01:06:10

>>113

ブレッカーとボブ・ミンツァーが一緒のアルバムで吹いてるじゃん。

マイナーなところではフランク・フォスターとか。

ラヴィ・コルトレーンもライブで吹いてるし。

127いつか名無しさんが2007-01-06 22:20:22

>>113

> >>111

> あっちに書いた意味ではねえ・・・

> ジャイアントステップスは今でも自由にアドリブ出来てるレベルじゃない

confirmationすらまともに吹けてないお前が何をww

125ペリート55!2007-01-06 19:19:31

>>114

>>ブレッカーとボブ・ミンツァーが一緒のアルバムで吹いてるじゃん。

これ、聴きたくて、さっきからTowerとかHMVやらヤフ億で検索しとるんだが、

タイトルが未だにワカランなあ・・。廃盤かな?

おせーておくんなさいまし。

136漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-13 01:23:36

今、GSアドリブ完コピしてるけど、こりゃスケール練習だわ・・・まだ2コーラスまでしか吹けん

1ヶ月以上かかりそう

137いつか名無しさんが2007-01-13 21:45:56

>>136

おめえ何処行ってたんだよ、寂しかったよ・・。(゜Д゜)

漏れなんてGS、7-8小節で頓挫。w

138漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-14 11:37:10

>>137

まだ2コーラスしか出来てないから何とも言えないけど、1235とか1357とか513とかとにかくスケール、

特にコードトーンから外れてない。ホントスケール練習。

コルトレーンチェンジ、例えば

Cm7 Eb7/Ab B7/E G7/Cm7と楽譜にあったら、自分は

Cm7   /A♭ /E  /Cm7と簡略化して各対応スケールだけでアドリブ構築する事が多い。

各ドミナントモーションのVセブンスは、次の小節頭のⅠへ解決する前準備だし大抵スピードも速いから

弱拍にあるように聞こえるから、そこだけを切り取れば間違った音使いかもしれないが流れの中では違和感無く聴こえる。

こういうテクは完全に俺自身の経験から見つけ出したものであってどのジャズ理論書見ても書いていない。アドリブに特化した

ジェリーコカーの本にも書かれていない。「コード進行のリズム的な流れ」を鑑みて「あるコードが強拍にあるか、弱拍にあるか」で

処理の仕方を返る。特に速い曲。俺の専売特許だけど初公開。こういう秘密な部分があるからこそジャズ演奏家は弟子抱えて飯が食えるのだw 晒して悪いな。飯の種をw

大まかに言えば「コード進行を大まかに見る、ポイントがどのコードか」を見つけ出せればアドリブがブツ切れにならず流れるようになり生命が宿る」と。

もっともテンポの遅いバラードではきちんと経過コードまで対応したスケール使ってアドリブするけど。

コルトレーンはGSで各コードにバシッと当てはまったソロを取る。だからGSはGSたる所以だし、前に挙げられたようつべ動画でGSになって

いないと感じるのはそれが根拠。この曲の特徴はすさまじい転調のアラシな部分なんだから。

>>136 GSのムズいのは最初の8小節で残りの8小節はツーファイの繰り返しだから少しラクだよ。でもムズいか。

1391372007-01-14 12:37:54

>>138 漢倭奴國某

解り易い解説、本当にありがとう。

>こういうテクは完全に俺自身の経験から見つけ出したものであってどのジャズ理論書見ても書いていない

ま、その気持ちは判るけども、ギタリストの人なんかでも

実はその意見を教則で述べている人は居る。ただ、貴殿が管楽器関連の理論書を

見ていたからでしょう。だから、そのワンセンテンス以外は

本当同意出来る。

問題は、その(慣れてない)進行に対するフレーズのストックが1点と、

なんせあの(早い)テンポに着いて行くテクニックやリズム感だね。

まず俺はゆったりバージョンで鍛えておいてから早くする。

だけど、こんな言い方では貴殿を馬鹿にしたように思われると嫌なので、

俺は貴殿の演奏はいつも凄い楽しみだし(Every Time We Say〜には感謝)、

また何れGiant Stepsを2-3コーラスでも良いから聴かせて頂きたい・・・。

貴殿を叩く奴も居るかも知れないがこれからもガンガレ。

よろしく。m(_ _)m

147いつか名無しさんが2007-01-16 00:07:29

>>138

> コルトレーンチェンジ、例えば

> Cm7 Eb7/Ab B7/E G7/Cm7と楽譜にあったら、自分は

> Cm7   /A♭ /E  /Cm7と簡略化して各対応スケールだけでアドリブ構築する事が多い。

> 各ドミナントモーションのVセブンスは、次の小節頭のⅠへ解決する前準備だし大抵スピードも速いから

> 弱拍にあるように聞こえるから、そこだけを切り取れば間違った音使いかもしれないが流れの中では違和感無く聴こえる。

> こういうテクは完全に俺自身の経験から見つけ出したものであってどのジャズ理論書見ても書いていない。

そんなものジャズ入門直後のロック少年でも経験則で分かるってばwww

素早い転調がある時にどう凌ぐか考えて、真っ先に思いつくのが「トーナルセンターのメジャー(マイナー)スケール一発で凌ぐ」だよw

お前だけが気づいたとでも思ったのかwww

バカじゃないのw

スコットヘンダーソンとかマイクスターンも「初心者的考え方」として雑誌や教則ビデオで解説してるぞw

153いつか名無しさんが2007-01-16 05:54:25

そりゃあどこの本にも載ってないわな。ドミナントコードは無視していいよなんて。

>>138は初心者によくいる普通のスタンダードの一時的転調をごまかして吹くタイプの人なんだね。

140漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-14 12:45:46

>>139

ども。こちらこそヨロシュー (゜ё゜)ノ゛

148漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-16 01:39:48

>>147

例えば、Ⅱm-V7-Ⅰ△で、初心者が一番最初につまづいて、やる気をなくすのがこの辺だよ。

近所のジャズ研ペッターに説明してあげたら始めて「そういう事だったんですか」と理解した。

バカじゃねえなあ?ワカラン奴の方が圧倒的に多いわ。スケールが変わったり転調したりしても流れるように

アドリブ出来る様になるには一定の練習量が必要だ。完全に無意識でスケールすらすらになった上での事だ。

その教則ビデオは見てないが、それを教えているジャズ教本、特に管楽器では俺が知る限り一つも無い。

じっくり、その曲のコード進行見ながら、その曲の優れたアドリブを聴けば、おのずと推測できるとは思うが。

えらそうに人を「バカじゃないのw」とほざくのは、コテハンにして自分の演奏をうpしてからにしてくれよな

じゃなきゃ信用しない。ここ匿名で大口叩く奴ばっかだから

149いつか名無しさんが2007-01-16 03:29:38

>>148

> >>147

> 例えば、Ⅱm-V7-Ⅰ△で、初心者が一番最初につまづいて、やる気をなくすのがこの辺だよ。

> 近所のジャズ研ペッターに説明してあげたら始めて「そういう事だったんですか」と理解した。

> バカじゃねえなあ?ワカラン奴の方が圧倒的に多いわ。スケールが変わったり転調したりしても流れるように

> アドリブ出来る様になるには一定の練習量が必要だ。完全に無意識でスケールすらすらになった上での事だ。

> その教則ビデオは見てないが、それを教えているジャズ教本、特に管楽器では俺が知る限り一つも無い。

知らない人が存在しないほど当たり前の事実だからなのだがww

151いつか名無しさんが2007-01-16 03:59:52

>>149はGiantStepsすらロクに弾けないのに生意気言うなよww

悔しいならお前の演奏うPしてみろよw

154いつか名無しさんが2007-01-16 09:49:47

布川俊樹(g)さんの教則本「ジャズギターの金字塔」の31ページあたりにこんな風に書いてるよ

CM7ーA7ーDm7ーG7 で

略〜このトニックとサブドミナントの弾き分けがきちんとメロディックに

できれば実はもうほとんどのスタンダード曲をそれだけのアイディ

アで弾くことも可能なのだ。例えばこの循環コード進行の場合、

まずA7の箇所とG7の箇所を無視してCM7とDm7を2小節ずつ2

つのコードのアルペジオ・フレーズだけで通すことができる。これ

が不思議なことにかなりサウンドしてしまう。ためしに〜略

ヌノが言ってもなぁ とかのツッコミは無しなw

155漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-16 12:59:29

>>154 フム。そうか。大体言ってる事は同じだな。

大抵の本(自分が見たその手の本では全て)は、コードに対応するスケールやモードを列挙してるだけ。

コルトレーンもアトランティック時代中期までシーツオブサウンドとか言われていたけど、

何の事は無い、対応スケールぶりぶり吹いてるだけw 細かく分解してコルトレンチェンジやGSまで突き詰めたが、

マイルスの「So What」参加で、コレに始めて気がついたんじゃないかな?コルトレーンでさえ。

あとインパルス時代にかけてモードで猪突猛進していく事になるのは言うまでも無い。

俺は自分で発見していろいろなアドリブを聴いてそれが間違いない事を確信した。Jazzやり始めて3-4年目くらいだったと思う。

「そんな事誰でも知ってるよー」とか「コルトレンチェンジなんて簡単じゃねーか」とかほざきやがって頂けるのは、七誌でいつも大口叩く小心者だけじゃん。

その裏でシコシコ練習してる事だろうw

きちんとソースをだした154さんは認めよう。でも出来ればコテハンにして欲しい。どのレスが誰が誰だかわからん。

159いつか名無しさんが2007-01-16 13:47:09

>ちゃんとしたモーダル

コーダルと同じように各音の響きの違い(インサイド感?アウトサイド感)

に留意する。様々なモードを選択することも。

Iイオニアン一発と考えてしまうと、ロック系ギタリストが考えるような

Iメジャーペンタ一発とかと大差がない。

161漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-16 13:59:44

>>159 「Iメジャーペンタ一発とかと大差がない」というより基本的に同じ。

インサイド感←→アウトサイド感?何に対して?

162いつか名無しさんが2007-01-16 14:09:44

>>161

バッキングに対して。

>Iメジャーペンタ一発とかと大差がない

ここから抜け出してようやくジャズの初歩の初歩。

164漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-16 14:21:06

>>162

モードってモード・スケールに基づく訳だからバックがどういう和音を弾くかなんてあらかじめわかるわけないじゃん。

確か、SoWhatでは、AABA8小節の頭だけチョロンとピアノが入ってるだけじゃなかったかな?

と言う訳で、モード曲でインサイド感もアウトサイド感もへったくれもありません。釣れました〜♪ヒヒヒ

「Iメジャーペンタ一発とかと大差がない」この認識に到って始めて歌心が生きてくる。「音楽」になる。創造性が発露する。

「コルトレーンの激情はモード手法と表裏一体」である事がこれを証明している。

ま、キミはそう思って追究すればヨロシ。俺は俺のやり方で行きます。ただ人のやってる事を貶すなよなー

166いつか名無しさんが2007-01-16 14:32:31

>>164

そうじゃなくて、ドリアンでも何でも7音は等価ではないということ。

響き方の違いに鋭敏になると、バックが違うコードを弾いても反応できる。

音楽上の会話ってやつ。

168いつか名無しさんが2007-01-16 18:17:15

>>155

> 大抵の本(自分が見たその手の本では全て)は、コードに対応するスケールやモードを列挙してるだけ。

スケールとモードの違いも知らんのかw

> コルトレーンもアトランティック時代中期までシーツオブサウンドとか言われていたけど、

> 何の事は無い、対応スケールぶりぶり吹いてるだけw

コルトレーンはコード感の希薄なホリゾンタルな演奏の元祖だから。

それが成功してるとは思えないがね。

>>164

> モードってモード・スケールに基づく訳だからバックがどういう和音を弾くかなんてあらかじめわかるわけないじゃん。

> と言う訳で、モード曲でインサイド感もアウトサイド感もへったくれもありません。

凄いなあ。さすがに下手くそなだけあってベースラインが示唆するものを理解できないのか。

167漢倭奴國某 ◆JOWcOLD0BY 2007-01-16 14:33:58

多分、トリアエズプロさんは、音は聴いてないけど、これまでの発言見てて、永年、ハードバップ以前のスタンダード曲を

本番多数こなして音感と指で覚えてるんじゃないかと思う。そういう人は既にスタイルも味も持ってるから。

ご自身のスタイルを貫けばいいと思います。

もうこんな時間じゃん 仕事と練習する

ノシ

169いつか名無しさんが2007-01-16 18:18:15

>>167

自分に反旗を翻さないヤツの意見は出鱈目でも支持するのが

基地害が基地害たる所以だな。

170いつか名無しさんが2007-01-16 19:40:25

>>168-169 初心者乙

171いつか名無しさんが2007-01-16 21:12:18

>>170

既知害乙

182トリアエズプロ ◆tsGpSwX8mo 2007-01-17 22:26:25

最近射精したとき量がやたら少なくなってきた。

おまえら何CC出る? おれ0.5

196いつか名無しさんが2007-01-20 12:09:17

くだらん!

これ以上話が面白くなるとも思えないので本題に戻せ

223オナニー太郎 ◆RevGiOKgRo 2007-01-30 10:55:47

GSの第一歩はチェンジとやるってことだが,つぎは和声的にはモーダルにいくってことだろう

つまりユニゾンからの脱皮だなとりあえず

224いつか名無しさんが2007-01-30 23:15:54

>>223

>>つぎは和声的にはモーダルにいくってことだろう

そこの部分を更にKwsk!!

264いつか名無しさんが2007-09-18 23:33:53

矢野沙織がジャイアントステップスやるときの鮮やかさは神。

321いつか名無しさんが2009-12-02 12:26:21

それジャズ珍だろw

アホを相手にすんなよ

323いつか名無しさんが2009-12-03 11:16:40

俺は312ではない。320は俺。

ケニーギャレットがリディアンクロマチックを当てはめてジャイアントステップスやったというのを聞いた事があるが、

実験としては面白いが、それでジャイアントステップスを演奏できた事になるとは決して思わないね。意味が無い。

325いつか名無しさんが2009-12-03 19:01:33

>>323

あんなんリディクロと関係ない。

ケニーのジャイステのアプローチは某web内でリディクロネタと絡めて語られてて、

リディクロのホリゾンタルな方法論に近いね、とか言ってるのが広まってるのか、

それで勘違いしてるんじゃない?

リディクロなんて知らなくても初心者が最初にアドリブをやる時のアプローチがこれだろw

ジャイステだったらスコヘンもスターンもトーナルセンター事にそのキーのメジャースケールから

音をチョイスするアイディアを推奨してる。スターンは自分の音源では律儀にコーダルにやってるがね。

言うまでもないが速いテンポで演奏する場合、コード感無くてもインサイドではあるから無茶苦茶にはならん。

言葉の使いようだがホリゾンタルアウトゴーイングなんて速いテンポじゃ成立しないってこった。

だって奥歯にモノが挟まった感はあるが決してアウトじゃないから。

ジャイステはコルトレーンがやった時点では自分に課したコーダルのエチュードの一種

それを踏襲する、趣旨の通りにするならモーダルにやる意味はない。

ただ、コーダルでやれるやつがモーダルでやるのは有りだろ。ケニーギャレットは当然後者だよ。

個人的にはなんの面白みも感じない演奏だと思うがね。

それからコーダルって言葉は音楽板断然の笑い者>>321不惑(笑)的には

初心者しか使わないそうだからマネはしないようになw

327いつか名無しさんが2009-12-05 12:52:31

>>325

>リディクロなんて知らなくても初心者が最初にアドリブをやる時のアプローチがこれだろw

じゃ、GS後の、インパルスコルトレーンは、初心者に返ったんでつね?

インディアとかインプレッションズとか・・・その後もマダマダ

331いつか名無しさんが2009-12-05 16:12:02

機能和声進行上でホリゾンタルに演奏するのと、最初から機能和声に依存せず旋法を用いて解決するのは全く違うんだが。

馬の耳に念仏か?言って理解できる脳があれば>>327みたいなバカいわんか

336いつか名無しさんが2009-12-07 17:41:13

>>331

> 言って理解できる脳があれば>>327みたいなバカいわんか

まさにあんたの予想通りだったねw

368いつか名無しさんが2010-06-28 06:49:33

使ってるよ

マイナーキーのコルトレーンチェンジも常識だ

>>365 は原始的なスリートニックシステム

371いつか名無しさんが2010-07-02 12:08:44

一般論では短3度上の7thからトニックに解決しさらにまた短3度上の7th、がコルトレーンチェンジの定義

372いつか名無しさんが2010-07-17 14:57:47

もしかしてこのスレってコルトレーンチェンジの捉え方>>371みたいなやつばっかなのか?

もう一回勉強してきたほうがいいよ。

373いつか名無しさんが2010-07-18 04:35:50

>>372

大恥かいた365さんですね、分かります。

387いつか名無しさんが2013-02-03 01:33:32

これって用は、BとGとE♭でグルグル回るだけで、

コツさえつかめば超簡単だよ。

俺はピアノだからサックスの苦労は知らないが

ピアノならある意味、枯葉より簡単だろ。

なぜってメジャーコードしか無いから。

ところでなぜBとGとE♭なんだという話があるが

ピアノだとすぐ分かるぞ。

Bのオーギュメントの構成音がシ ミ♭ ソなんだよ。

オクターブを長3度で分割するとこの3つの音しか出てこない。

短3度ディミニッシュで分割すると4つだよな。シレファラ♭

(そういえばマイナー版ジャイアントステップって無いのかな。笑 ディミニッシュでぐるぐる)

俺はこの曲、いいメロディだと思うしアドリブの練習になるから好きだな。

難曲とは言い難い。どんな曲でも高速で弾けば難しいんだからな。

例えばバドパウエルやソニースティットの弾いたAll god’s chillun got rhythmを

あの高速テンポで弾くのはかなり難しいだろうよ。

他の曲でいう1拍の速さが1小節だからな。

難曲というなら、例えばエヴァンスやゲッツが弾いたドルフィンというボサノヴァとか

ミシェル・ペトルチアーニのオリジナル曲の方が難しい。

難しいといっても結局はコード進行なんて全て2−5しか無いわけで、慣れれば何だって簡単だ

一番難しいのはコード進行より変拍子じゃないのか。俺は変拍子など弾く気にならないよ

416いつか名無しさんが2013-02-05 17:17:39

初心者のハッタリをみて良スレと思った方がおかしい

>>387なんて見た瞬間初心者の背伸びと分かる

392いつか名無しさんが2013-02-03 18:45:21

ジャイステは3つのメジャーが交代で出てくるだけだから

それさえ頭に入れれば簡単だ。

ドルフィンは転調に規則性が無いから俺としては、えっと、次はこのキーか・・・

と考える。(ちなみに俺はSatin Doll以外は暗譜できない)

常に楽譜を見ながら弾いている。

それとコルトレーンのジャイステは過去に1度か2度しか聴いたことがない

393いつか名無しさんが2013-02-03 21:38:51

煽りに聞こえたらすまんが>>387さんって実はもっとレベルが低いところで話をしていたのかも。

>これって用は、BとGとE♭でグルグル回るだけで、

>>392のレスの内容から類推すると

トーナルセンターは追うが、コードは追っていないということだね

ようするにキーセンターのスケール一発的解釈ってことだろう。

違うか?>>387さん

上中級者はB D7 G Bb7 Eb とコードが変わればコード毎に使うノートを変えるアプローチをとるから

あのテンポから考えるとやはり難しいんだよ。

395いつか名無しさんが2013-02-03 22:54:08

>>393

なんだその「俺はハイレベルですけど?」みたいな上から目線は。笑

まず、コードによってスケール選択ができるなんてのは

初歩中の初歩であって、ジャイステを知ってる人で

それを知らない人がいるわけないと思うのだが

で、俺はさらに一周して、結局いいソロを弾く場合、

スケールをコロコロ変えたりかっこつけたからって

心に響く演奏になるわけでもないと思ったから、

基本は調整を重視して弾いている。

まあ、コルトレーンが好きな人というのは

(俺はコルトレーンのCDなどほとんど聴いたことがないが)

複雑なスケールとか選んでごちゃごちゃ弾くのが好きなのだろうな。それは理解できる

俺はピアニストだが、ピアニストでいえばハンク・ジョーンズとかが好きなわけで

お洒落に楽しく弾くのを目指しているからジャイステだろうが例外なく楽しく美しくメロディ重視で弾いている

どこまで複雑なフレーズがふけるか競争みたいなのは興味ないんだ

また、俺は複雑なフレーズも弾けるが、べつに自分で弾いていて面白くないので

弾かない。それだけ。結局一番心に響くフレーズの成分ってトライアドなんだよ。笑

396いつか名無しさんが2013-02-03 23:45:41

>>395

だったらどうして以下みたいな発想になるの?

>これって用は、BとGとE♭でグルグル回るだけで

コード感出して弾くこと前提で枯葉より難しく、さらにドルフィンより難しいってのは成立しないでしょ

397いつか名無しさんが2013-02-04 00:03:26

つか少しは暗譜しろよw

399いつか名無しさんが2013-02-04 02:01:55

>>397

枯葉ですらいまだに覚えられん・・・

マイナースウィングというジプシージャズの曲は覚えた。

>>396

とにかく俺は実際にドルフィンを弾いていると

ジャイステより難しいと感じる。単純にEメジャーとか

♯系のキーをあまり弾かないから面倒くさいだけだ。

俺は楽譜通りのキーでしか弾かない。

また、枯葉も奥が深いなと感じる。

ジャイステもジャイステなりに奥が深いのかもしれないが

曲として枯葉が好きなので枯葉に魅力を感じるというだけだ。

よく考えてみろ、ジャイステは単なる3つのメジャーキーを回すだけだぞ。

そうか、君たちは調性など無視して弾いているのか。それなら気楽なもんだな

俺はいかに調性を出そうかと苦心して弾いているというのに・・・

401いつか名無しさんが2013-02-04 13:57:35

>>399

きみの文章読むごとに実はキャリア浅い初心者ってのが分かってきた。

> そうか、君たちは調性など無視して弾いているのか。それなら気楽なもんだな

え??

我々はさらにその調性の中の和声ごとに違うカラーを出そうと苦心しているんだがw

君は調性ごとのメジャーorマイナースケールで完結してるだけのようだがね。

409いつか名無しさんが2013-02-05 00:01:50

俺はエヴァンススレのように、

理論を間違えた人に対して指摘できるくらいの知識はある。

だが、べつに理論にはこだわらない、ということだ。

一応知った上で、やっぱりどうでもいいわと思ったということね。

川島茂さんというジャズ教則本をよく出してる人の本を

立ち読みしたら、

この人も、スケールの名前をいちいち覚える必要はなく、

一番いいのはコピーしたり、アドリブソロの楽譜を弾くことだと書いてあった。

だからといって、理論を間違えて覚えることと、理論を気にしないことは別だろう。

キーG△でD7上で何が使えるか?

俺が普段使うのはオルタード、コンディミ、あと普通にミクソリディアン。

ミクソリディアンというのはただのGメジャーからソを抜いただけで、

べつにD7sus4だと仮定して弾けばソもOKなわけだし

スウィング時代の人は普通にD7上でソを使っていた。結局Gメジャースケールと同じだ。

ジャンゴなどはメジャーキーのドミナントでも♭9thを使っていて面白いなと思った。

412いつか名無しさんが2013-02-05 15:51:35

いや、俺は22歳

417いつか名無しさんが2013-02-05 18:43:14

>>412

散々偉そうな事言ってたんだからはよジャイステうpして。

音質なんてどうでもいいから。

うpの仕方分からんとか言い訳なしで。

419いつか名無しさんが2013-02-06 08:08:01

>>416

ほんとだよ。スリートニックを大発見かのようにw

ジャイステゆっくりなぞって弾けるようになってうれしかったんだろ。

421いつか名無しさんが2013-02-06 14:15:21

>>419

>>416

俺はけっこう自分では理論もだいたい学んだし

不自由な弾いているのだけど

じゃあ、ジャイステを自分はどう弾くのかって

教えてくれないか。

人の揚げ足とってばかりで、自分たちは何も言っていないじゃないか。

俺よりいいこと言えるなら言ってみなって。

426いつか名無しさんが2013-02-10 18:35:42

おいおい、まだやってたのかよ

今ジャイステのソロ採譜を見て見たけど、なんだコルトレーンって

普通のソロやってんだな

hhttp://www.lucaspickford.net/transgs.htm

G でレソシレ みたいな、そういうフレーズばっかりじゃん

しかもテンポだってふつうの速さじゃないか。

もしかして俺って一人で家で弾いてるうちに

こういうのが簡単でコルトレーンのやってることって

初歩的なことじゃん、って思えるレベルになったようだな。

正直いって、俺のほうが難しくて面白いソロ弾けるぞ・・

で、やっぱりこの曲は簡単だ。

コルトレーンと同じようなスケール選択でいいならもっと簡単だし

俺流に弾くほうがまだ難易度が高い・・・

ついでにいうと、べつに難しいとか簡単とかはどうでもよくて

どんな曲でも簡単だと思えるレベルにならないと自由に弾けないのであり

それこそ一生かかって枯葉で満足できるソロを目指すように

難しいか簡単かというのは問題じゃない。

>ジャンゴなどはメジャーキーのドミナントでも♭9thを使っていて面白い

これは説明が曖昧だったが、メジャーのドミナントでディミニッシュのフレーズ

D7でいうミ♭ ファ♯ ラ ドだが、これは1930年代当時ではかなり珍しいし

現在でもメジャーのドミナントでディミニッシュを使う人などあまりいないと思う。

453いつか名無しさんが2013-02-18 01:08:44

けっこういいブログだったよ。

ここのスレの住民の反感をかっただけで

言ってることはすごくまともだと思う

517いつか名無しさんが2017-11-24 09:44:53

有名ですが、、、、

スタンダードのジョーンズ嬢に合ったかい?の

サビのBメロはもろにコルトレーンチェンジ。

Aメロのほのぼのした?循環、2−5進行 に安穏としていると、

一転してBメロでジョーンズ嬢さんのキツイしっぺ返しを受けてヘロヘロになる仕掛け。

コルトレーンが先かこの作曲者が先かはわからないけど、、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする